アーティフィシャルフラワー

 

アーティフィシャルフラワー
(アートフラワー)とは

生活の様々なシーンに

 

アーティフィシャルフラワーは、生花の様に給水の必要が無いので、生活の様々なシーンに利用されることが多くなりました。
ブライダルの花嫁のブーケ、駅やファッションビルの装飾、水やりが困難な場所等も鮮やかなフラワーで装飾することができます。

また、花粉や香りが無いので、飲食店など料理の香りを邪魔する事もなく、病院や医療施設など衛生面で注意が必要な場所にも最適です。

花材は季節を問わず常に有りますので、冬でもヒマワリ、夏でもポインセチアを使うことも可能です。
ワイヤーを使用してサイズの調整も出来、曲げたり、
絡めたりデザインの制約が無いので自由に演出を楽しめます。

生花と見分けがつかないほど精度が上がったことで、ウエディング業界、店内装飾インテリアの業界、カメラマン達が仕事小道具として多用されていましたが、 
その使い勝手が評価され一般に浸透しています。

 選ばれる魅力と4つのメリット

1 給水不要で枯れない為、あらゆるシーンで活用できる。
*店舗やイベントのディスプレイ *ウェディングブーケ *グリーンスペース
2 花粉や香りがない
*ご家庭や飲食店のダイニング *お見舞いのお花として
3 季節を問わない演出
*撮影現場やイベント展示 *思い出の花を季節を問わず手元に
4 アーティフィシャルフラワーだからこそ出る演出
*生花にはない色味、サイズ、創造の花 *自由な成形と耐久性
(参考資料:東京堂より)

ギャラリー

 

FLOWER SCHOOL

「SETSUKOの花の教室」